マスタープランのブログ

逗子葉山の遺品整理 続き。

  • 2020.11.11


前回の逗子葉山からの遺品整理の続きです。

今回はちょっと先輩方から聞いたお話しをします。

終活の一環として生前整理をする理由

生前整理を終活の一環として行う理由、それはやはり残されたご家族に自分が亡くなられた後で「遺品整理で大変な思いをさせないため」です。

遺品整理は故人が大切にされていた日用品や趣味の道具などは故人との想い出が沢山詰まっていることから、残された家族にとっては精神的にも体力的にも大きな負担がかかります。

また、ご家族が遠方に暮らしている場合は遺品整理の度に何度も足を運ぶ必要があったり、業者に依頼して金銭面の負担をかけてしまったりという恐れがあります。

このような遺品整理による負担の大きさを考えると、やはり終活をする時点で生前整理をして身の回りの物や家財などをしっかり片付け、整理されることが大切です。

終活の一環として遺品整理をする重要性とは?

遺品整理は残された家族がするものなので、終活の一環として遺品整理をする?と聞くと何だか変な感じがする方もいらっしゃるかもしれません。

ここで言う終活の一環としての遺品整理とは、「これまで長くそのままになっていた親の遺品を整理する」ということです。

つまり、ご自身が終活をする年齢になったことをきっかけに、数十年前に亡くなったご両親の遺品をこの機会にきちんと整理しておく必要があるということです。

もしも、ご両親の遺品をそのまま残してしまえば、万が一自分が死んでしまったときに残された子どもに自分の分の遺品と、祖父母の遺品まで遺してしまう恐れがあります。

そうなれば、遺された家族への負担は倍になってしまいますので、ご自身が終活をされるタイミングに合わせて実家にそのままになったご両親の遺品をしっかり片付け、きちんと整理しておくようにしましょう。

遺品整理の悩みを終活で対処する方法
遺品整理は私たちが想像する以上に、遺された家族に精神的な負担をかける恐れがある作業です。

特に、ご自身が亡くなってしまった後に頼れる兄弟や親族がいない子どもが一人遺されてしまう場合、遺品整理を一人でやろうすれば精神的にはもちろん、体力的にも大きな負担になります。

遺される家族に対して、そういった負担を抱えさせないようにするためにも、「遺品整理の悩みを終活の時点で対処する」ということが大切です。



今回のお客様は遺品整理のご依頼でしたが、作業風景をご覧になって、生前整理も大事ですねとおっしゃっておりました。

少しでも気になったお客様は、お気軽にご相談下さい(^_^)



接触が気になる方は動画査定、写真査定など

接触をせずに見積もりを出すこともできます。

お気軽にご連絡ください(^_^)!!

横浜、神奈川、東京、千葉、埼玉、遺品整理・生前整理、家財整理、不用品回収、ハウスクリーニング、残置物清掃でお困りの方は、是非合同会社マスタープランにお問い合わせください。

ご連絡お待ちしております!

関連記事

お問い合わせ・お見積りご依頼はこちら

お問い合わせ

対応エリア

対応エリア

マスタープランの料金について

料金プラン

マスタープランのSNS

twitter facebook Instagram
マスタープランへお問い合わせ 電話番号 メールフォーム LINE
電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ LINEでのお問い合わせ
電話でのお問い合わせ LINEでのお問い合わせ