マスタープランのブログ

今、社会問題になっている空き家と片付け

  • 2021.9.4

今、日本では空き家が社会問題となっています。

核家族化が進み、子供もそれぞれがマイホームを持つ時代です。

そのため親が亡くなった後、空き家になってしまうケースが増えているのです。

そのまま放置すると家は傷む一方ですし、近所にとっても迷惑をかけてしまうことが少なくありません。

そこで、空き家を一旦片付けたうえで、今後を考える方も増えているようです。

先日のお客様がまさにそのようなケースで、他県に住んでおられるお客様が、空き家となっている実家を片付けたいとのご依頼でした。

空き家片付けは、家の中にあるものすべて整理したいとご希望される場合と、一部だけを整理したいとご希望される場合に分けられます。

その後、売却などを考えておられる場合は前者を選ばれることが多く、どなたかご家族の方が住まれる予定の場合は後者を選ばれることが多いようです。

今回のお客様のケースでは、家を売却するということで、家の中にある家財道具や生活用品など、すべて処分してほしいとのご依頼でした。

必要なものはすでに取り分けているとのことで、後はすべて処分しても大丈夫とのことだったのです。

空き家片付けが終わった後、家を売却するということなので、家財道具を搬出するときは引越しなどと同様に、丁寧に作業を行い、壁などに傷を付けることがないように注意しました。

これは空き家片付けに限らず、どのような不用品処分でも同様なのですが、不用品処分というと、乱雑に扱うようなイメージをお持ちの方も少なくないようです。

そのため弊社の空き家片付けの様子を見て、その丁寧な作業に驚かれるお客様も少なくありません。

空き家片付けの費用については、家のサイズや不用品の量によって変わってきます。

事前に見積もりをお出ししますので、それを見たうえで空き家片付けを依頼するかどうか決めていただければと思います。

なお、後からお見積もり以外に追加の請求を行うようなことはございませんのでご安心ください。

 

合同会社マスタープラン!!

 

 

TikTokにて、作業風景をのせてますので、良ければご覧下さい!!

 

 https://vt.tiktok.com/ZSJTkht7t/

 

YouTubeにも随時動画を投稿しておりますので、ご視聴下さい(^^)

 

 

 

 

 

最近の作業動画はこちらになります!!

 

 

https://youtu.be/b9MZvmtoPw4

 

接触が気になる方は、リモート見積もりや、動画査定、写真査定など

 

 

 

接触をせずに見積もりを出すこともできます。

 

 

 

お気軽にご連絡ください(^_^)!!

 

 

 

横浜、神奈川、東京、千葉、埼玉、遺品整理・生前整理、家財整理、不用品回収、ハウスクリーニング、ゴミ屋敷、残置物清掃でお困りの方は、是非合同会社マスタープランにお問い合わせください。

 

ご連絡お待ちしております!

 

 

フリーダイヤル 0120325928

 

 

関連記事

お問い合わせ・お見積りご依頼はこちら

お問い合わせ

対応エリア

対応エリア

マスタープランの料金について

料金プラン

マスタープランのSNS

twitter facebook Instagram
マスタープランへお問い合わせ 電話番号 メールフォーム LINE
電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ LINEでのお問い合わせ
電話でのお問い合わせ LINEでのお問い合わせ